*STORYのある器で、愛のある盛り付けを*

「料理は人に感動を与え一生の記憶に残る物」。レストランのようにプロが施すスタイリングも素敵だけれど、もっと手軽に家族や来客をワーっと驚かせるアットホームな盛り付けの方が心地良い。誰にでも手が届きそうな親しみのあるスタイリングで、今日から貴女も盛り付け美人を目指しませんか?

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

花豆のモンブラン

お待たせいたしました。
スィーツ4のレシピをyukaco先生にレクチャーして頂きましょう!

先生、よろしくお願いしまーす♪


Shiromamefr.jpg

●花豆モンブランのデザート

<材料>4人分
花豆  140g+飾り40g(○○っこのお豆さん1袋180g)
生クリーム  1パック(200cc)※花豆クリームに120g使用します。

(シロップ)
ガムシロップ 1個
水、みりん

スポンジ・カステラ
(またはブッセケーキ 一人1個)

sample.jpg

<つくりかた>
①花豆と分量の生クリーム(液体)20gをフードプロセッサーにかける。

②ツノがおじぎするくらいに泡立てた生クリーム100gを
潰した花豆と混ぜます。
花豆クリームを絞り袋、またはジップロップのような厚手の袋に入れ、
端をカットして絞り出せる状態にしておきます。

③グラスに組み立てます。
シロップの材料を混ぜ合わせます。
(ガムシロップ1個分:水 同量:みりん ガムシロップの半量)

グラスにスポンジ→シロップをハケで染み込ませ(スブーンで軽くかけても)
→生クリーム→花豆をカットしたものを散らし→スポンジ(+シロップ)を重ね
→花豆クリームを渦をまくようにしぼっていきます。
→生クリーム、花豆やチョコ・粉糖で飾って完成です。

---------------
<ポイント>
・花豆クリーム、フードプロセッサーがなければ、皮をとってザルで裏ごす、
 すり鉢であたるなどの方法も考えられますが、
 目につまりやすいので、分量が減ってしまうのをご了解ください。

・今回は手軽にグラスデザートに仕上げましが、
 モンブランのクリームのように、ロールケーキなどにも活用できるクリームです。

・クリームをきれいに絞る方法は、切り口の直径は4~5mm、
 渦の下段は大きな円から~だんだん、円の直径を小さくしていきます。
 クリームが落ちるところから、少し高い位置(6~8cm離す)から絞るときれいな円錐になります。

・スポンジの代わりに、スーパー・コンビニで売っている、
 ブッセケーキのクリームを取ったものが甘味も丁度よくおすすめです。

・シロップを足すことで、スポンジがしっとりし、クリームとよく馴染むことで、全体に一体感が出るので
 ひと手間ですが、味の差につながるのでぜひ加えてみてください。

ガムシロップが無い場合は、砂糖と水の同量を電子レンジで加熱、
砂糖を溶かせば、出来ます。
  


 +


4番目の美味しいXmasレシピをどうも有難うございましたm(__)m

このモンブランデザートは、市販のスポンジを使うところが難易度を下げてくれて
私みたいな初心者でも作れるような工夫がされています。

スポンジを焼くのって難しそうなのでレベルをぐっと下げて下さったんだなぁ
これは先生の愛だなぁと勝手に思いこんでおります(おめでたい性格!?)

豆=和 なので緑茶などと一緒に頂いても美味しいかと思います。
私はアールグリーン茶(アールグレー風味の緑茶)で頂きましたよ^^
いくらでも食べられちゃうほど、美味しいです。

スポンジが柔らかくなって・・カステラのパサつき感が無くなるんですね。
これには驚きでした!(超ド初心者のコメントかもしれないですが、感動しました!)

yukaco先生には別のコーナーであともう一回だけ、登場して頂くつもりです。
楽しみにしていてください^^

そして、現在進行中の、
スウィーツを作ってご褒美をもらっちゃおう企画
盛りあがってきています。

〆切りは25日まで。

お好きな賞品を目指して、スィーツ作りに励んでくださいね!        gwanko

| 料理コラム | 21:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://ivoryjp.blog.fc2.com/tb.php/1235-55d521f8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT