FC2ブログ

*STORYのある器で、愛のある盛り付けを*

「料理は人に感動を与え一生の記憶に残る物」。レストランのようにプロが施すスタイリングも素敵だけれど、もっと手軽に家族や来客をワーっと驚かせるアットホームな盛り付けの方が心地良い。誰にでも手が届きそうな親しみのあるスタイリングで、今日から貴女も盛り付け美人を目指しませんか?

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

二人展に向けて/工房取材レポート③

昨日の対談の続きをお届けします。

DSC_9190_20171130215443406.jpg
~大人かわいいアクセサリ作家でもある橋本さんの工房で見つけた素焼き前の作品~


H: 後藤さんと被るんですけど、私も皮細工の道具持ってました。
   自分でもやろうと思って。

G: え~ほんとですか?
   でも橋本さんは確かウィンドサーフィンの国体選手だったんですよね?

H: あ、はい。小さい時は運動音痴だったんですけどね(^-^;

G: それはビックリですね~。でもなんでウィンド国体選手が陶芸家を目指すことになったんですか?  
   180℃違うジャンルだと思うんですけど。

H: きっかけは、職場の同僚に陶芸教室に一緒に行かない?って誘われたからです。
   教室で作っていた作品が溜ってきたときに、知人のギャラリーで販売してみないかと言われ
   興味半分で自作の器を出品したところ、完売してしまって!!
   あ~こんな仕事もあるんだなぁって思いました(笑

G: 初の作品展で完売ってすごいですよね~!

H: その後ウィンドで足を怪我してしまい、入院中に見舞いに来てくれた友人が
  陶芸雑誌を持ってきてくれて、その雑誌に京都造形大学の入学案内が載っていて
  ちゃんと勉強してみようかと。

G: ウィンド現役選手にも関わらずスゴイ行動力ですよね~!

H: 大学に行ったら、陶芸の中にも様々な技法があって、
  ライバルの少ない石膏型とてびねりに特化した作家になろうと思ったんです。
  
   そういえば後藤さんは木工する前にサラリーマンをされていたんですよね?

G: はい。名古屋の自動車とバイクの部品メーカーに勤めていました。
   常に機械を扱う職場だったのですが、高度な技術を求められるわけでもなく、
   仕事は単調で全く面白味がなかったんです。

   上司にはかなり引き留められましたが結局2年で退職し、地元大分に戻り
   その時はいよいよ革の仕事をしようと思っていたのですが、
   雑誌などを見ていると同業者が沢山いることを知り木工を選びました。

   木はなかなか思うように手に入らないし入ったとしても、しばらく寝かせないと使えなかったり。
   実際には革よりも木工の方がずっと厳しい世界だったと言う事を後になって知りました(苦笑)
    
   木工は流石に独学ではなくアトリエときさんの所で修業させていただきました。 

H: わ~あの湯布院で名門の!
G: はい。ときさんとお会いしたその日に「明日から来い!」と言われて・・。


              +



DSC_9340.jpg
あれから10年以上の年月が流れ、今はベテランの木工作家に成長した後藤さんです^^

DSC_0011500.jpg

奇想天外な発想をもつ後藤さんと橋本さんのチャレンジはまだまだ果てしなく続きます。


| 作家さんの工房を訪ねて | 22:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://ivoryjp.blog.fc2.com/tb.php/2520-76624727

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT