FC2ブログ

*STORYのある器で、愛のある盛り付けを*

「料理は人に感動を与え一生の記憶に残る物」。レストランのようにプロが施すスタイリングも素敵だけれど、もっと手軽に家族や来客をワーっと驚かせるアットホームな盛り付けの方が心地良い。誰にでも手が届きそうな親しみのあるスタイリングで、今日から貴女も盛り付け美人を目指しませんか?

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

つくば 大野香織さんの工房に行ってきました。

potluck24.jpg
この新作の器に逢いたくて・・ 茨城つくば市まで行ってまいりました。
そうです。あの大野香織さんの工房へ。

大野さんと知り合ってからもう10年になるというのに
実はまだ一度も工房に足を運んだ事がなかったのです💦

7年ほど前に新築されたご自宅の外観の素晴らしさにも圧倒されましたが
オウチの中に通されたときはもっとショックを受けました。

potluck22.jpg
まずはこちらに。ギャラリーコーナーにはご主人の佳典さんの白磁作品と、香織さんの新作がいっぱい。
足を止めてゆっくり見たかったけど、後ろ髪をひかれながらリビングへ・・。

DSC_2935_2018060115594594a.jpg
お洒落な和モダンのリビングとアイランドキッチン。それにセンス抜群の洗面所に感動♡
和のアーティストとして和へのリスペクトを感じる空間が広がっていました。

そういえば昔誰かが言ってました。
欧米化がこんなにも進み、インテリアにも流行がある中
日本人は最終的に"和"の空間に落ち着くことになるんだよって。

そんなことを考えていたら香織さんはこう切り出したんです。

「いつも和装している私ですが普段はイタリア料理もよく作って食べますし。
だからコテコテの和食器を作ろうとは思わないんですよね。作り手は自分のライフスタイルを
作品に反映してもいいんじゃないかって最近思うようになりました。」と。

新しい作品を作るときは、いつも夫である陶芸家・大野佳典さんとディスカッションしているそうです。
お二人ともモノづくりに真剣に向き合っているからこそ、次から次へと良い作品が
クリエイトされているのだと、この時に確信しました。

確かに使い手というのは、作り手が誰でもいいわけじゃない。
どんな事を考えながらこの作品を生み出したのか・・とても知りたいと思ってる。
それに、どんなライフスタイルを送られているのか、、も。

今回作り手の"想い"が聞けて凄く嬉しかったです。

prepar1.jpg
お料理上手な香織さんだけど、全部をお任せしては申し訳ないのでポットラックにしましょうよ。と提案し
私たちはゴハン系のものを用意してきました。
prepare4.jpg
prepare2.jpg
こちらは香織さんの手料理たち。みんなでスタイリングしました。
ドレッシングはどれも自家製!お味も素晴らしかったです。
お野菜はお庭で採れた新鮮なルッコラとサニーレタスです!
ルッコラが美味しすぎて・・何度もおかわりしたほどです!(^^)!

prepare3.jpg
デミタスには自家製冷製枝豆スープを。
(先日私たちが出張テーブルコーデの際に作ったスープにインスパイアされたそうです!嬉)
potluck18_2018060116135157f.jpg
このブロンズの9寸プレートに一目ぼれ♪ ステキでした~~♡
potluck12.jpg
全て香織さんの作品を使ってセッティング!

potluck10.jpg
素敵な器に囲まれて大変ゼータクなテーブルになりました。

potluck23.jpg
お仕事場ももちろん拝見しましたよ。この和装姿の美しい方が香織さんです^^
つくば研究所にお勤めされている外国人の方たちに週2,3日陶芸教室を開いていらっしゃいます。

prepare5.jpg
新作には片口の器がいっぱいです。沢山仕入れてきました!

来週は1週間臨時休業をいただいておりますので
再来週以降に新着更新してまいりますね!

しばらく留守にしてご不便おかけしますが
どうぞよろしくお願いいたします。

| 作家さんの工房を訪ねて | 16:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

https://ivoryjp.blog.fc2.com/tb.php/2606-e35f8dc7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT